アニメの声優はどんな仕事なのか紹介します

アニメの声優はどんな仕事なのかといえば、アニメのキャラに声を吹き込むということですが、動くキャラクターに最後の命を吹き込むという仕事でもあります。ある声優さんの言葉では、声優と言う仕事は、演技者でもあり、技術者でもあるということです。舞台やドラマなど、人が演じているものであれば、動きも声も役者の仕事ひとつですが、アニメであれば、口や体の動きが先にあり、その後に声優さんが、口と動きに合わせて、演技をのせるという技術となるわけです。最近の声優さんはアニメだけではなく、歌やラジオ、テレビ出演という仕事もあります。他にはイメージアルバムや、ドラマCD、洋画の吹き替え、ナレーションと、さまざまな場所で仕事があるといえます。30年以上昔は、劇団に入っている方たちが声優の仕事をするという人たちは多かったですが、声優と言う立場が確立された現在では、声優と言う職業で仕事をする方が多くなっています。

アニメの声優はさまざまな仕事場があるが狭き道

アニメは、テレビで放映されるアニメだけでなく、ゲーム、ネット動画、映画、CMとさまざまな媒体で利用されるようになっています。また子供向けアニメだけでなく、今では様々な年齢の人達が楽しめるアニメが増えています。しかし声優に成れる人というのは、実は多くない現実があります。それは声優が人気の仕事となってきて、養成所から声優になろうとしている人達は多いです。しかし人気が出ているとしても、役者という道は人気と運、そして実力が必要となります。また作品や仕事場が増えたとはいえ、無限にあるものではないことも新人さんに仕事が無い原因のひとつです。しかも今現在、実力も人気もある声優さんは男性女性ともに多くいます。その方たちのすきまを掻い潜り、自分の演技力や技術を見せていくことは、難しく、なかなか思うように仕事ができるようになるには、難しい道があるようです。

アニメの声優は憧れからなりたいと思う人が現在は多い

アニメの声優は、現在は名前の知れた方たちが多くみえます。スマホゲームでは、豪華声優陣という謳い文句が成立しているくらいです。しかしアニメに関しては、あまり声優を大々的に宣伝をすることは少なく、むしろアニメ好きの方々が、細かくチェックをして人気が出てくるというパターンもあります。小さな仕事も大きな仕事も、丁寧にこなすことが、次につながる可能性が高くなる可能性もあります。アニメの仕事は夢のある仕事ですが、決して楽な環境の職場ではなく芸能人のような給与体系ということも多いです。門戸の狭い業界ではありますが、憧れから仕事を選ぶことは、決して悪いことでは無いので、決心や覚悟があれば、ぜひチャレンジをしてみてほしいです。養成所や劇団など、声優への道は、広く開かれています。