日本の文化を支えるアニメの声優という職業の需要

アニメは日本の文化でもあり、子どもから大人まで幅広い層で楽しむことができます。アニメをテレビで放送することができるのは、声優の方が頑張って収録のお仕事をされているからです。最近では声優の仕事をしたいと思う人や声優を目指す人が増えてきています。アニメキャラクターの声優はテレビだけでなく、ゲームやインターネットなどでキャラクターが使われていることも広がっているため、たくさんの仕事をしなければいけません。一つのアニメだけでなく、多くのアニメに起用されるため、その都度どのような声がどのアニメに合うのかを考えながら声を出していくという大切な役割があります。日本から海外にまで広がりつつある日本の文化の一つアニメを守るためにも、声優という職業は多くのことをみんなに求められ大切な職業になってきます。

アニメの声優になるためにはどうすればいいのか

アニメの声優になるためには求人を探すことが大切です。ハローワークなどに行っても声優の求人はないため、声優プロダクションに所属します。養成所やスクールに通い、そこを終えてから声優プロダクションに所属し、アニメの声優のお仕事が事務所から送られてくるのを待ちます。養成所は芸能事務所や声優プロダクションが運営していることが多いです。レッスンも毎日ではなく、週に1回から2回の人もおり、仕事をしながら通う人もいます。スクールはいわゆる専門学校で、声優になるための練習や知識を得ることができ、学歴として認定されるメリットもあります。養成所やスクールに通うには、ネットなどで自分が通いたい養成所やスクールを検索し、養成所やスクールの方針などをみて、自分に合うか、通える場所や値段なども考えながら決めていきます。

アニメの声優とナレーターの違いについて

アニメの声優とナレーターの仕事は似ているように感じるかもしれません。アニメの声優はアニメのキャラクターになりきって、感情や声のトーンなども意識しながら行う仕事です。アニメの声優は顔出しすることはめったにありません。ナレーターの仕事は多くがテレビ番組のナレーションの仕事をされており、キャラクターになりきって話すということはしません。原稿に沿って、正確に丁寧に表現豊かに読み上げていくのがナレーターの主な仕事です。番組をより引き立てていくために、ナレーションをいれていくのがナレーターで、自分の個性を発揮しながらキャラクターを演じていくのがアニメの声優です。声優とナレーターは同じ声を出す仕事でも、感情の入れ方や声の発し方には大きな違いがあります。これから声優やナレーターを目指していくには、それぞれの仕事の大切さを調べておくと良いでしょう。